行政書士3
会計士の仕事イメージ
AdobeStock_115055572
何でも相談できる津島のご隠居さん
遺言遺産許認可の申請などの法律に関することなら行政書士すずき事務所にご相談ください。
Concept

法律が関係してくる複雑な官公署への手続きは行政書士すずき事務所へお任せください

事業を運営しているとき、遺産相続の手続きが発生しているときなどに「これは法律に関係ある事案なのだろうか」「法律が関連しているのだろうが、実際にどの法律が適用されるのかわからない」といったようなことに悩む企業様・個人のお客様も多々いらっしゃいます。行政書士法律の専門家として官公署への必要な手続き全般を請け負うことが可能であり、法律がらみで何かわからないことがございましたら気軽にご相談できます。

事業を立ち上げるにあたっての許認可申請や営業許可申請、そして遺産相続に関連した遺言書の作成や遺言執行手続きの代行業務など、法律の知識がないとお時間と手間がかかってしまう手続きなどの代行を担当いたします。経済活動及び遺産相続がスムーズに進行しますよう、専門家として尽力してまいります。

Special

事業を立ち上げる際の許認可申請手続きや相続に関連した情報収集や手続きなどを代行します

新しく事業を立ち上げるにあたって、建築業・飲食業・産業廃棄物処理業など、これらの事業に対しては事前に官公署へ届け出が必要になってまいります。仮に官公署からの許可がない状態でこれらの事業を始めてしまうと、営業停止命令や刑事罰を受ける可能性もあり、知らなかったでは済まされない事態に発展させないためにも事前に専門家にお任せすることをおすすめいたします。

また、同じようにご家族の方がお亡くなりになれらてしまっての遺産相続の際にも、法律に則った手続きや情報収集などが必要になってまいります。法的に機能しない手書きの遺言書が残っていることでそれが逆効果になってしまい、親族間で揉め事に発展してしまうケースも少なくはなく、事前にしっかりと法的に機能する遺言書を残して円満に相続を完了させることが大切になってまいります。そうならないよう、正式な遺言書作成のサポートも承ります。

お気軽にお電話でご連絡ください

0567-69-8170

0567-69-8170

8:30~17:45

土日祝日予約により対応可

愛知県 津島市 浦方町 12

Q&A

法律に関連したことをお任せする専門家の選定基準などお客様の不明点へ回答いたします

  • 法律に関係あるかわからない場合でも大丈夫ですか?

    大丈夫です。

    法律の問題なのか、どんな法律と関係があるのかなどよくわからない場合でもまずはお気軽に電話、メール、FAXでお問い合わせください。

  • 行政書士の範囲外かもしれないですが大丈夫ですか?

    もちろんです。

    相談内容によっては、当事務所が提携している弁護士、司法書士、税理士、全国各地の行政書士等をご紹介いたしますので、ご安心ください。

New Page

直近で手続きの代行依頼などをいただいたお客様からのご感想などをその都度更新いたします

Access

愛知県の155号線近くに事務所を構え専用駐車場も完備してご来所をお待ちしています

ご来所に関しては事業の立ち上げや相続の関係者様全員でのご来所もしやすいようにと、お車の使用を想定した立地に事務所を構えました。155号線の近くに専用駐車場も完備していますので、乗用車でのご来所をお待ち申し上げます。
img_bg4
事務所名 行政書士すずき事務所
住所 愛知県 津島市 浦方町 12
電話番号 0567-69-8170
営業時間 8:30~17:45

土日祝日予約により対応可
定休日 土日祝

自動車でのご来所を想定して専用の駐車場もご用意し必要に応じて出張も承ります

基本的にはご予約をいただいた後、事務所までお車でご来所いただいた上で相談を受け付ける流れになります。155号線の近くのためにお車でのご来所に便利で、専用の駐車場も完備していますのでコインパーキングなどでの駐車料も必要ございません。相続に関連した代行業務に至っては関係者が複数人いらっしゃるケースも多く、お車で関係者様全員が気軽にご来所しやすいようにと工夫いたしました。
また、感染症対策などのように何かしらの事情でご来所が難しいという場合においては、お客様の元まで出張してお話を伺うことも可能です。初回のお話は無料となっているため、複雑で専門的な要素も多分に含まれる法律関連の手続きに関することはまず気軽にお話しください。法律の専門家である行政書士が、皆様の起業や相続などがスムーズに進展するようお手伝いいたします。
About us

事業立ち上げに必要な法的な手続きや相続に関連した専門的な手続きを代行いたします

許認可申請や営業許可申請に関する法的な手続きは専門家へお任せ

建築業・解体工事業・飲食業・薬局開設・古物商など、特定の事業を開始するには、日本では事前に官公署への届け出が必要となってまいります。例えばこの許可が必要でなかった昔であれば、「手持ちのお金がなくなってしまい資金調達が必要だから、得意な焼きそばや焼うどんなどを屋台で売り歩いてみよう」などと思い立った翌日に屋台で売り歩く、などといったことができないようになっています。しかしながら、これは食中毒などリスクを抑えるためでもあるため、必要な許可を受けることでより安心して消費者の方々が外食を楽しめるようになるのです。

また、建築業や解体工事業に至っては大なり小なり作業員の危険が伴う事業であるため、作業員の命を守ることが最優先事項となってまいります。誰でも気軽にスタートできてしまえば大事故に発展しないとも限らないため、ある程度の専門資格の取得などが事業開始の条件と定められています。安心安全にこれらの事業を始めるためにも、お客様から信頼を得て事業を拡大させていくためにも、必要な法的手続きはきちんと踏んだ上で健全な経営を進めていけるように法律の専門家である行政書士が皆様をバックアップしてまいります。

遺言書の作成や遺言の執行代行業務など相続に関することも承ります

今までとても仲が良かった親族が遺産相続という金銭が絡んだ事態の影響で修復不可能なまでに関係が悪化してしまったといった事例も発生してしまうほど、金銭に関することはトラブルの可能性を秘めています。特に遺産の金額が相当なものになってくれば、それを引き継ぎたいと願う親族の想いは無理もないことです。このような大変悲しい事態に発展させないためには、事前に法的に機能する遺言書を作成しておくことがとても大切です。例えば我流で遺言書をしたためたり肉声を録音して遺言をしておいたりしても、それが法的に機能する要件を満たしていないものであった場合、遺言内容に納得がいかない親族間での争いの火種になってしまうケースもございます。親族の方々に仲良く生きていくためにも法的に機能するか否かに関しては専門家へのご相談をおすすめいたします。
行政書士は弁護士のように紛争に関連した業務を受け付けることができない一方で、その分リーズナブルに遺言書執筆のお手伝いをご依頼いただけるメリットもございます。